お問い合わせの多かったビタミン・ミネラルの摂取量についてをまとめました!
下表は、厚生労働省 「第6次(平成12年度から16年度の間使用)改定日本人の栄養所要量について」の18〜49才の年齢層についての数値を記載しています。(*1日所要量と許容上限摂取量についてのみ)欠乏症を防ぐ必要量(所要量)とともに、過剰摂取による健康障害を防ぐ上限値(許容上限摂取量)が設定されています。

服用、併用に関しては、あくまでも購入者ご自身の責任に於いて行ってください。

※上限値・・・
 特定の集団において、ほとんどすべての人に健康上悪影響を及ぼす危険のない栄養素摂取量の最大限の量

ビタミンの単位
1mg(ミリグラム)=1/1000g(グラム)、IU(Interenational Unit:国際単位)
1μg(マイクログラム)=1/1000mg、(1μg=1/1000000g)

ビタミン・ミネラル名
一日所要量
許容上限
摂取量
過剰症
備考
男性
女性
ビタミンA 2,000IU
(600μg)
1,800IU
(540μg)
5,000IU
(1,500μg)
1日50,000IU以上を長期摂取すると過剰症(頭痛、吐き気、肝臓障害)を起こす ビタミンAの100IU30μg
ビタミンB1 1.1mg 0.8mg -
ビタミンB2 1.2mg 1mg -
ビタミンC 100mg 100mg -
ビタミンD 100IU
(2.5μg)
100IU
(2.5μg)
2,000IU
(50μg)
1日に20,000IUを長期摂取すると毒性があらわれる。1日 に1,800IU以上の摂取は、子供の場合、過剰症の原因となることがある。 ビタミンDの100IU2.5μg
ビタミンE 10mg 8mg 600mg
ビタミンK 65μg 55μg 30,000μg
ナイアシン
(ニコチン酸)
16〜17mg 13mg 30mg 100mg以上で,皮膚がヒリヒリしたり,かゆくなることがある。ニコチン酸アミドはナイアシンフラッシュがありません
ビタミンB6 1.6mg 1.2mg 100mg 一日200〜500mgの大量摂取では、神経系の障害の可能性あり。
葉酸 200μg 200μg 1,000μg
ビタミンB12 2.4μg 2.4μg -
ビオチン 30μg 30μg -
パントテン酸 5mg 5mg -
Ca(カルシウム) 600〜700mg 600mg 2,500mg
Fe(鉄) 10mg 12**mg 40mg **閉経後10mg/day
P(リン) 700mg 700mg 4,000mg
I(ヨウ素) 150μg 150μg 3mg
Mg(マグネシウム) 310〜320mg 250〜260mg 700mg
K(カリウム) 2,000mg 2,000mg - カリウム摂取量は、高血圧予防の観点から、15歳以上では3500mg/日とすることが望ましい。
Zn(亜鉛) 11〜12mg 9〜10mg 30mg
Se(セレン) 55〜60μg 45μg 250μg
Cu(銅) 1.8mg 1.6mg 9mg
Mn(マンガン) 4mg 3〜3.5mg 10mg
Cr(クロム) 35μg 30μg 250μg
Mo(モリブデン) 30μg 25μg 250μg